雪山を目指して子連れでバスや電車に乗りました。

幼い子供2人を連れてバスと電車、そしてまたバスを乗り継ぎスキー場に行きました。バス停でバスを待っていたらまずどこに行くのかと話しかけられ、電車の駅でも話しかけられ、電車に乗っても隣の席の人に話しかけられ、子供を連れているとやたらとご婦人に私も昔こうだったと話しかけられることに驚きました。電車の中で朝食代わりのパンを食べる予定だったのですが、話をしていて食べられませんでした。私はあんまり知らない人とおしゃべりをするのは好きじゃないんですけど、子供たちの手前でもあるので話しかけられたら頑張って楽しく話をするしかないんですよね。電車を降りて山深い駅に着くと、尋ねてもいないのに子連れママさんがバス停とバスが来る時間を教えてくれました。更にはバスの運転手さんも他にお客さんがいないこともあってか、しゃべるしゃべる。幼児2人だと一人分の子供料金が必要なのですが、いいよいいよとおまけまでしてくれたんです。人生初の雪遊びを子供達に体験させたいと思っていたのですが、公共の乗り物での移動が何より良い体験になりました。